【ムームードメイン】ドメイン移管費用100%キャッシュバックキャンペーン(10月31日まで)

ドメイン移管

ムームードメインドメインの移管キャンペーンが行われています。100%キャッシュバック!というキャンペーンは、ドメインの価格が上がる中、お得にドメインを更新できることにも繋がるので参考にしてみてください!

目次

ムームードメインとは?

ロリポップ!というレンタルサーバーの方が有名かも知れませんが、ロリポップ!
を提供しているGMOペパボ株式会社が提供しているドメインサービスがムームードメインです!



昔はポップな感じでしたが、最近はビジネス寄りなデザインに変わってきてますね。

ムームードメインお名前.comを運営しているGMOインターネットグループでもあります。

ムームードメインを利用するメリット

  • 安い(ドメインによる)
  • キャンペーンが多い
  • マニュアルが分かりやすい

ムームードメインを利用した場合のデメリット

  • コントロールパネルが使いにくい
  • DNSレコード設定が著しく制限がある

 

個人的な感想ですが初心者にはそれなりにいいですが、本格的にドメインで色々な使い方をしている人にはあまり良くない気がします。

特にDNSレコード設定はやりにくく自由度が低過ぎます。

かつ同じGMOペパボ株式会社のサーバーを使うにも設定画面が分かりにくい、というよりコンパネの日本語がとても分かりにくい気がします。

↓その画面がこちらです。

 

ホームページもメールもロリポップ!を使う場合はそれぞれにチェックを入れるのでまあ分かるのですが、「利用しない」という日本語がおかしい。

「他のサーバーを利用する」の方がいいのでは?

そもそもロリポップ!だけを利用するのであれば、ムームーDNSは利用せずロリポップ!のネームサーバー(DNSサーバー)をそのまま使えばいいわけですし、他のサーバーと併用したいからムームーDNSを利用するわけですし。

 

またロリポップ!を他のサーバー(Gmail等も含む)で利用する場合、ムームーDNSの利用がある種必須になってしまうんですよね。

本来他社のネームサーバーも使えると助かるのに、この点が本当使いにくい。

たとえば同じGMOインターネットグループCORESERVER(コアサーバー)であれば、どこのネームサーバーでも自由に使えます。

 

裏技でムームードメイン以外のネームサーバーでもロリポップ!を使うことはできますが、まず一般的には設定することができないと思います。

この面倒さから私はムームードメインを人に薦めることはしなくなりました。

マニュアルはすごくいいので初心者にはいいのですが、後々何かしようとすると面倒なことになりかねないので、もっぱらバリュードメインを薦めています。

 

ドメイン移管で100%キャッシュバック!

そんなムームードメインですが、ドメインを移管することによって”100%キャッシュバック!”というキャンペーンが行われています!

    • 期間:2022年6月22日(水)00:00 – 2022年10月31日(月)23:59
    • 対象:.com / .net / .biz / .org / .info
    • 条件:対象ドメインの移管元が以下であること
      ・本国内に本店所在地のあるレジストラであること
      ・GMOインターネットグループ外からの移管であること
      ・キャンペーン期間内にドメイン移管が完了していること

というわけで、ドメイン移管の申請が10月下旬だったりするとキャンペーン期間内に移管が完了しないので、キャッシュバックされません!

通常、ドメイン移管は順調にいって1週間~2週間かかる場合が多いので、キャッシュバックをもらうには早めに手続きした方がいいですね!

 

さらにキャッシュバックされるには以下の手続きが必要なので、こちらも忘れずに!

キャッシュバックの流れ

  1. お客様より移管のお申し込み
  2. 移管を行った翌月、弊社からキャンペーン対象のお客様へメールでご案内
  3. ご案内時にお伝えするフォームで、お客様の振込先情報のご入力
  4. フォーム入力後の月末までに、申請された口座へお振込

 

ドメイン更新が実質1年無料!?

『なぜドメイン移管すると更新が1年無料なの?』

移管(ドメイン移管、サーバー移管)でも説明していますが、ドメインは移管すると1年期限が延びます!=ドメインが更新されるということになります。

ドメインの種類や状況によっては更新されない場合もありますが、今回のムームードメインのキャンペーンの対象ドメインはすべて移管と同時に更新されるドメインとなります。

あとはドメイン移管時に該当のドメインの期限が過ぎていなければ1年更新されます。

※そもそもムームードメインは期限まで14日以下のドメインは移管申請自体できませんが(^^ゞ

 

例)2022年9月25日期限のドメインの場合

2022年10月31日までにムームードメインに移管が完了すれば、以下のように1年期限が延びます。

2023年9月25日

 

その上でキャッシュバックの申請をすれば、1年無料で更新できることにもなります!

ドメイン料金が上がっている中、1年でも無料になるのは助かりますね!

 

ドメイン移管時の注意事項

ただし!いくつか注意事項があるので、あらかじめ確認しておいてくださいm(_ _)m

  • 今回のドメイン移管後、60日間ドメイン移管ができない
  • 現在のドメインサービスでDNSレコード設定をしていないこと

ムームードメインに1回ドメイン移管して、すぐに元のドメインサービスに戻そうとしてもできません。

最低でも60日間はムームードメインでドメインを管理しなければなりません。

また、現在のドメインサービスでDNSレコード設定をしている場合、ムームードメインに移管してしまうと、DNSレコード設定が無効になってしまう可能性が高いです。

そのためムームードメインのDNSレコード設定を使う必要がありますが、前述の通り使いにくく、最悪ホームページやメールが使えなくなる可能性もあります。

もちろん、単純にサーバーのネームサーバーだけを利用している場合は影響が無いのでご安心ください。

 

他にも実はキャッシュバックの前にドメイン移管自体ができない場合があり、それが以下のようなケースです。

  • ドメインの取得または前回のドメイン移管から60日未満のドメインは移管できません
  • ドメインの有効期限が14日以内の場合ドメインは移管できません
  • ドメインの有効期限が9年以上あるドメインは移管できません

 

また、実は一番ネックとなるのが以下の点かも知れません。

GMOインターネットグループ外からの移管であること。

⇒GMOインターネットグループのドメインサービスというと以下が代表的であり、日本のドメインシェアの約90%以上を占めているのではないでしょうか?(^^ゞ

ということは、バリュードメインお名前.comからムームードメインにドメイン移管してもキャッシュバック対象にはなりません!

というのもドメインとは?でお伝えしたように、レジストラと代理店の関係が影響しています。

カテゴリーサービス
レジストラお名前.com
代理店バリュードメイン
代理店ムームードメイン

という関係なのですが、分かりやすく図にすると以下のようになります。

 

ドメインの移管というのは”レジストラを移すこと”になります。

そのためお名前.comからムームードメインに、もしくはバリュードメインからムームードメインにドメイン移管しても”レジストラが変わらない”ので本来の意味でのドメイン移管になりません。

ただし、バリュードメインからムームードメインについては、一部ドメインはレジストラがお名前.comでないためキャンペーンの適用ができる場合があります。

 

要はレジストラがお名前.com以外からムームードメインにドメイン移管する場合のみキャンペーンが適用されるのでご注意ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ムームードメインドメイン移管キャンペーン

色々注意事項はありますが、うまく使えばかなりお得になります!

ムームードメインにドメイン移管後、60日経過したら元のドメインサービス会社(レジストラ)に戻すこともできますし、良かったら参考にしてみてください!

 

ドメイン移管や設定のご相談や作業依頼は以下からどうぞ!

相談先:https://crowdworks.jp/public/employees/758260

コメント

タイトルとURLをコピーしました